アソコの臭いを抑える入浴法

アソコの臭いの原因として、デリケートゾーンで繁殖する雑菌が原因になっていることがほとんどです。

そう考えると、デリケートゾーンを清潔に保つことで臭いを抑えることができます。
自分では清潔にしているつもりでも、しっかりと洗えていないということもありますので、洗い方をチェックしてみてくださいね。


シャワーで流すだけでは不十分

日本人に特に多いと言われていますが、デリケートゾーンをシャワーで流すだけの方も多いようです。
しかしそれでは臭いの元をきれいにすることはできません。

なぜなら、デリケートゾーンには汗と共に人間の脂なども分泌されています。
それらが皮膚についているため、シャワーなどの水分だけでは洗い流すことができないのです。

ちょうど、食器についた油を水だけで流してもきれいにならないのと同じです。

油汚れの食器は洗剤で流すように、デリケートゾーンの脂分もせっけんで洗い流す必要があります。
せっけんでしっかりと脂分を分解することで、清潔なデリケートゾーンにしておくことができます。

デリケートゾーンを洗う時には、タオルなどでゴシゴシと強くこするのは避けるようにしましょう。
指の腹などで優しく洗うようにし、傷つけないように注意して洗います。


洗いすぎてもダメ

デリケートゾーンは清潔な状態に洗うことが大切ですが、洗いすぎるのもよくありません。
洗浄力の強いボディーシャンプーなどを使うのはなるべく避けるようにしましょう。

というのも、洗浄力が強すぎるとデリケートゾーンの良い働きをしてくれる細菌までも殺してしまうからです。
いわゆる善玉菌と呼ばれるものがなくなってしまうと、さらに雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

ですから、善玉菌を殺さずに雑菌だけを洗い流すような、ちょうどよい洗い方をする必要があります。洗いすぎにも注意しましょう。


通気性を良くする

デリケートゾーンはどうしても湿気がこもってしまいます。
蒸れた状態というのは雑菌が繁殖しやすい環境です。

ですから、できるだけ通気性の良い下着を使うなどして蒸れないように工夫することが大切です。
夏場は特に暑くなりますが、なるべく蒸れないように気をつけることで臭いも抑えることができるのです。

デリケートゾーンを清潔な状態にしておく。
通気性を良くしておく。