アソコの臭いと食事の関係

アソコの臭いと以外な関係があるのが食事です。
体に取り入れるものによって臭いが変わってくるのも事実です。

デリケートゾーンの臭いの元になるのは、動物性タンパク質であると言われています。
肉や魚・乳製品などに含まれている動物性のタンパク質が体の中に取り込まれると、体臭が増えることが明らかになっています。

元々、肉などをよく食べる食生活の外国では、体臭が強い人が多いとも言われています。
日本でも欧米型の食事が増えてきていますので、体臭が強くなる・つまりアソコの臭いを気にする人も増えているのです。


汗をかく食べ物を控えめに

臭いの元になる汗。
その発汗を促す食べ物を控えめにすることによっても臭いを抑えることができます。

例えばとうがらしなどを使った料理を食べると汗が吹き出しますよね。
ですから、臭いに敏感になっている時には汗をかく食べ物は避けて、発汗を抑えるという方法があります。
発汗を抑えることで臭いも抑えることができるということです。

絶対に楽しみたいデートなど、ここぞという時にはなるべく汗をかかない食事を心がけるのも一つの方法です。


玄米や生野菜

では、反対に体臭を抑える効果のある食べ物は何でしょうか。

例えば、玄米や生野菜などは体臭を抑える効果があると言われています。
玄米はタンパク質が含まれていますから、体に必要な栄養素をしっかりと摂取しながらも体臭を抑えることができます。

また、生野菜も効果的です。
野菜そのものはもちろん、スムージーなどで摂取することもできます。
グリーンスムージーなら、サラダで野菜を食べるよりも多くの量をとることができます。

体臭を抑えることができ、健康にもなるという玄米や野菜がおすすめです。


果物

果物もアソコの臭いを抑える効果があります。
体臭の原因となる成分が果物の中には少ないためです。

果物を継続的に食べることで、体臭の成分を体の中から減らしていくことができるようになります。
一般的に日本人は果物の摂取量が少ないと言われています。
自然の甘みである果物は健康にも体臭にも良い効果があります。


鶏肉

赤身の動物性タンパク質は体臭の元になりますが、反対に白身の肉である鶏肉は体臭を抑える効果があります。
どうしても肉が食べたいという時には、さっぱりとした鶏肉がおすすめです。


このように、アソコの臭いを抑える食べ物はたくさんあります。
しかし、一番大切なことはバランスの良い食事を取るということです。

体臭のことばかりを考えて偏った食事をしてしまうと、健康を損なう事になります。
体に良い食材をバランスよく取ることが大切なのです。

玄米や野菜などをバランスよく食べることが大切。
果物や鶏肉で臭いにくい体質に。